相続・遺言のことならお気軽にお問い合わせください

行政書士とは

一般的には行政書士は、具体的に何をしている人なのか判らないことだと思います。行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類などを作成したり、その書類の提出手続を代行したり、書類についての相談を受けたりします。

 

日本には、数多くの許認可制度がありますが、宅建業の免許や 建設業の免許等の許認可申請書類となれば、素人では難しい面もあります。

 

そんなとき、町の法律家である行政書士が活躍することになります。作成できる書類の数は、数千書類あると言われています。行政書士が手がける業務の中には皆さんでもできることがあります。それでも行政書士に依頼があるのは、提出手続きに時間がかかるからです。

 

本人が忙しく、とても申請の時間がない場合、行政書士はその手続きを代行します。しかし、行政書士は比較的難易度の高い専門的な業務を主に取り扱います。

行政書士の仕事

行政書士の仕事(業務)としては、書類作成、提出代行、書類に関する相談の3つがあります。 キーワードは、”書類”です。下記の業務は、行政書士の取り扱う仕事のほんの一部です。行政書士の仕事は、まだまだ多岐にわたっております。

 

  • 相続人や相続財産の調査、確定、遺言書、遺産分割協議書の作成、財産相続の手続き等。
  • 株式会社・医療法人、宗教法人、社会福祉法人・NPO法人の設立等。 
  • 飲食店・バー・キャバレー・旅館・麻雀・パチンコ・料理店等の営業許可申請等。
  • 古物商・薬局・指圧・はり師・理容室・美容室等の開設手続き、宅建業許可申請等
  • 建設業許可申請、建設工事入札の指名願い、 経営事項審査申請、決算後変更届等。
  • 自賠責保険金または損害賠償額の請求、示談書作成、任意保険請求等。
  • 契約書・示談書・協議書等の作成、告訴状・告発状・請願書、内証証明書作成等
  • 外国人入国手続き、在留資格変更許可申請、永住許可申請、帰化許可申請等。
  • 会計記帳業務、決算、財務諸表の作成、各種融資・申込手続き等。

行政書士は国家資格者です

行政書士は国家資格の法律家です。行政書士の仕事をするには「国家資格」が必要です。行政書士資格の無い者が行政書士の業務を行うことは法律で禁じられております。

スマホ・携帯電話からのお問い合わせ

・番号タップで発信画面に移動します。

page top